ニキビの種類について│ニキビ対策のための基礎知識

ニキビの種類とニキビの進行について

ニキビには実は色々な種類があります。進行状態によってそれぞれ呼び名があり、そして治療方法も変わってくるのです。しかも1種類のニキビしかないって人なんていません。1人に何種類ものニキビが混在しているのです。
ニキビ化粧水でにきび痕の赤みを消したい!

まずニキビの始まりは小さな毛穴に皮脂が詰まってくることからです。最初は毛穴が狭くなり、皮脂が詰まり始めてきます。この時はまだニキビは見えておらず、毛穴の詰まりを改善させることでニキビを作らないまま解消することが出来る段階です。

それが進むと白ニキビができます。小さな白い点に見えるため見逃してしまうこともあり、この下(皮膚の内側)では徐々にニキビ原因菌であるアクネ菌が増え始めているのです。刺激を与えたりすることで細菌に感染し炎症へと繋がります。

白ニキビの毛穴が開くとメラニン色素などで黒くなります。小さなほくろやシミのように見えてしまうため、こうなると気になる人も多くなってきます。

また、白ニキビが進行すると炎症して赤ニキビになります。アクネ菌が更に増殖し、活動も活発になってきます。更に炎症を引き起こす物質も作られていき、ニキビのできやすい肌へと変化させてしまいます。

そしてこの炎症が激しくなり進行し、化膿してしまうと黄ニキビとなります。ニキビのてっぺんに黄色い膿が出てきてしまうのです。また、赤ニキビの段階で作られていた炎症を引き起こす物質が一気に外へ出て炎症が広がります。炎症が広がるだけでなく化膿したニキビもどんどん増えていってしまうのです。

これが更に進み重症化してしまうと、ニキビ痕を残してしまって肌が凸凹になってしまったり、クレーターのようになってしまったりします。ニキビ痕はニキビの状態などにより、さまざまな形に残ってしまうのです。

因みにここまで悪化してしまうと肌を綺麗な元の状態に戻すことはとっても難しくなってしまいます。ニキビを綺麗に改善したいのであれば早めに対処することが大切なのです。進行が進んで重症化する前にニキビは改善してしまいましょう。

白ニキビは刺激をしないようにしましょう

毛穴が詰まってしまい、白く盛り上がっている部分を白ニキビと言い、まだ炎症を起こしていない初期の状態のニキビのことを指します。白ニキビは炎症して赤くなる前の状態であり、炎症を起こしてしまう前にきちんと対処することで、綺麗な肌を取り戻すことができます。

まず白ニキビを見つけたら決して潰したりせずに、なるべく刺激をしないように気をつけましょう。髪の毛も当たらないようにしてくださいね。また、白ニキビが出来てしまったら、糖質や脂質の多い食事は控えるようにしてください。糖質や脂質を取り過ぎてしまうと、白ニキビが悪化して赤くなってしまいます。

他にも刺激や食生活だけでなく、ストレスも白ニキビを悪化させる原因です。ストレスは精神的に与えられることもありますが、不規則な生活をすることでたまっていくこともあります。

規則正しい生活リズムで十分な睡眠をとって、白ニキビを悪化させないようにしましょう。やはりニキビの中ではまだ初期症状であるため、この段階できちんとケアしていくことで、より早くニキビが改善されていくと思います。

白ニキビが炎症を起こしてしまうと赤く膨れてしまいます。よく見る赤いニキビになってしまうのです。そうなる前に白ニキビの段階でしっかりケアをすれば、早期改善にも繋がりますので、白ニキビは指で触ったり、髪の毛に触れたりして刺激しないようにしてください。

触れることで細菌感染してしまい炎症してしまいます。まずは触らないように気をつけることから始めて、その次に食生活や生活リズムを見なおしてみましょう。

これ以上悪くしないようにするには体の中から綺麗になることです。また、適度な運動もニキビには効果的であり、便秘解消や冷え改善にも繋がり健康的にもなります。

健康になるということは肌にも良いことであり、健康に悪いものは肌にも悪影響ということなのです。健康的になれば白ニキビを刺激すること無く、毛穴のつまりを改善させることもできます。白ニキビを改善させるためにも、健康的な体を手に入れてましょう。