ニキビ化粧水はニキビの原因にあわせて選ぶ

ニキビ化粧水の効果を高める -腸内環境のケア-

ニキビは単なる皮脂の過剰分泌による毛穴の炎症と思っていてはいけません。ニキビができる部位によっては、それは内臓疾患の可能性もあるようです。ストレスが多くかかることから、暴飲暴食にはしる方もいます。それは臓器に負担をかけるだけでなく、ホルモンバランスが崩れてニキビの原因になります。

ホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが活発になり、皮脂の分泌が過剰になります。 また男性ホルモンは、ひげが生えることによって毛穴が開いてしまいます。 毛穴が開くと、毛穴が古い角質や皮脂によって詰まり炎症を起こしますので、ニキビになってしまうのです。

その他にも、ニキビは腸の調子が悪く慢性的な便秘になることでもできてしまいます。 長期間の便秘は、腸内に長い時間便が留まるということですから、悪玉菌が繁殖してしまいます。 このようなことが原因でできてしまうニキビは、口の周りにできやすいと言われています。

悪玉菌は腸内に常在菌のひとつです。 本来適正な数であれば、雑菌を食べてくれます。 しかし数が増えすぎてしまうと、途端に悪玉になってしまいます。 では増えすぎた悪玉菌は、どのように作用するのでしょうか。

悪玉菌は、インドールやスカトールといったタンパク質が分解してできる成分を血液に送ってしまいます。 この成分は肝臓にもダメージを与え、代謝機能を低下させてしまいます。 悪玉菌を異常に繁殖させないためには、善玉菌の餌となるオリゴ糖を摂取したり、食物繊維を含む野菜を多く摂取することです。

オリゴ糖は甘味料の一種で、甘さの割に低カロリーです。 ダイエットにも向いていますが、過剰摂取は下痢になったりしますので注意が必要です。 このように悪玉菌であれ善玉菌であれ、どちらか一方を増やすことはお勧めしません。 まず腸内の環境を整えることから始めましょう。

そのためには、肉や卵など動物性蛋白質を摂りすぎず、繊維質の野菜を摂取すること。そして適度な運動により、腸を刺激して腸の運動率を上げることです。 腸内環境を整えれば、それが原因によるニキビは改善していきますので、今までの生活習慣を見直してみましょう。


ニキビの原因のひとつ、顔ダニ

ニキビの原因はいくつもあります。 生活習慣や油の多い食習慣です。 しかし顔に生息するニキビダニがニキビの原因のひとつだというのをご存知でしょうか。 ニキビダニは顔ダニとも呼ばれ、人の顔に数万匹程いると言われています。

このダニは「誰でも」生息しています。 けれども常にニキビを作っているわけではなく、余分な脂肪を食べて生きているのです。 そうすることにより、皮膚は酸性に保たれ、他の細菌から皮膚を守っているのです。 しかし、皮脂や化粧を落としきれないと、その成分を餌にダニが大量に繁殖して肌荒れを起こしてしまいます。

過剰な皮脂は、油の多い食事を続けることにより多量に分泌されたものです。 皮脂は毛穴を詰まらせ、炎症も起こしますが同時に顔ダニの餌にもなります。 つまり、顔ダニが原因のニキビというよりも、やはりニキビの原因は食生活や適切な洗顔ができるかどうかなのです。

さて、顔ダニはなぜニキビの原因になるのでしょう。 顔ダニは夜行性であるため、夜に毛穴から出て死骸になったり、皮脂を食べ排せつします。 この皮脂を食べるときに、細胞組織を壊してしまい、肌荒れが生じます。 毛穴が大きい場合や、肌にかゆみを伴う場合、そしてニキビやアトピーはこの顔ダニの異常繁殖による割合が大きいと言えます。

ニキビがひどい場合、素人判断のケアをする前に、一度皮膚科で診察してもらうことをお勧めします。 顔ダニが原因によるニキビには、硫黄成分の入った軟膏の塗布や器具でダニを押し出すという処置をします。 処置後は、顔ダニを増やさないよう適切な洗顔をするようにしましょう。

ただし、こすったりして肌を傷つけるような洗顔は、乾燥を招き肌荒れの原因になります。 泡で優しく洗いましょう。 女性の方は、疲れていても化粧を落としてから寝るようにしてください。 顔ダニは夜行性です。 夜に顔ダニの栄養分がなければ、それほど繁殖はしないのです。 ずぼらな方は、顔ダニの繁殖に気をつけましょう。